ユダヤ人の埋葬について ー律法との関係

ユダヤ人の埋葬について ー律法との関係

火葬は日本で一般的な慣習です。しかし第二次世界大戦以前において火葬は一般的ではなく埋葬されていました。その例として天皇の家族は火葬されずに埋葬されています。


ユダヤ教の律法では火葬は禁止されています。その理由としては地球の土より生まれた私達が土に帰る定めにあるとされているからです。人間の肉体は、魂との神聖なパートナーと見做されています。私達の肉体は魂が保管される容器として神から与えられている為、120年後(ユダヤ教において人間の寿命とされている年数)に人生を全うした後、創造主に返還されるとしています。それ故、律法は人間は肉体を燃やす権利を持たないと定めています。

先日、日本に在住のユダヤ人男性が55歳の若さで突如亡くなりました。日本に30年以上住んでいました。ご遺族は、彼の遺体が律法に沿い葬ることが出来るか非常に心配していました。ラビ・エデリーは遺体が速やかにイスラエルに輸送できるように手配しました。律法は、家族が亡くなった後は死後すぐ後に葬ることを定めています。コロナのために多くの地方事務所が閉鎖されていましたが、ラビ・エデリーが課題を克服するためあらゆる方法を考えました。中山泰秀防衛副大臣のご好意により、外務省の三宅先生とのご協力を頂き、無事に遺体をイスラエルに輸送することができました。このユダヤ人男性はイスラエルのティベリアにある家族の近くに埋葬されました。

メシアがすぐに訪れ、彼はすぐに愛する家族らと再会することが出来るでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です