Browsed by
カテゴリー: ニュース・ブログ

キ・ティサ:暴力集団に対しては宥和政策は機能しない

キ・ティサ:暴力集団に対しては宥和政策は機能しない

Rabbi Bernstein Mosheの記事翻訳シリーズです。今回は今週のパラシャ―、パラシャット・キ・ティサに関してです。

金の子牛の罪は、歴史上最も低い点の一つです。偶像崇拝はノアの第一の戒律で重大な罪です。しかしそれはすべて、大祭司アーロンが人々をなだめようとした善意から始まりました。アーロンはとても正義の人で尊敬されていました。彼は偶像崇拝の罪を止めようとします。彼は対立的なタイプではなく、平和的で愛情深い人として知られていました。彼は、外交と宥和という手段を使い、モーセが戻るまで誰も偶像崇拝に走らないよう、外交で事態を遅らせようとしてエレブ・ラヴ(訳注:エジプトからユダヤ人についてきた者たち)の暴力的な群衆に同調するふりをしました。結局、ひとえに彼には時間が足りなくなってしまい、偶像崇拝の金の子牛が黒魔術によって使って作られてしまい、アーロンにはこれを止める力がありませんでした。このケースでは、宥和政策は機能しませんでした。

西側諸国にある、平和を達成する手段としてイスラム過激派やあらゆる過激派イデオロギーを宥め、受け入れるという考えは、実行可能な解決策ではありません。宥和政策はしばしば過激派グループを緩和するのではなく、むしろ勇気づけます。歴史は、イスラム過激派への譲歩が弱さの表れと解釈され、さらなる要求や攻撃につながる可能性があることを示しています。多くのイスラム過激派イデオロギーは基本的人権を侵害することがよくあります。そのようなイデオロギーに身を委ねることは、自由の原則そのものを損なうことになります。それはテロ集団とその行為を美化することにつながるでしょう。

イスラム過激派をなだめようとする代わりに、平和を促進するためのより効果的なアプローチは、ノアの普遍的な 7 つの法を推進することです。ユダヤ人の伝統に由来するものですが、全人類に適用できる普遍的な道徳原則と考えられているノアの七つの法は、実際に世界の平和と倫理的行動を促進するための枠組みとして役立ちます。しかし、これらの法は、単に世界の戦争の数を減らすためだけではなく、ネ’申の意志を表すものであるから受け入れられるべきである、ということを認識することが不可欠です。

ユダヤ暦アダル月に、私たちはモシアハを信じる精神を強めることが求められています。私たちは、真の喜びが状況を変え、来るべき贖い出しへと私たちを結びつけてくれることを認識します。困難や試練に見舞われることが多い世界において、心の中に喜びを育むことは私たちの義務であり特権です。これにより、レジリエンスと強さが向上します。喜びは、私たちの魂に栄養を与え、周囲の人々を高揚させ、私たちに戦争に勝つ力を与え、来るべき贖い出しに私たちを繋ぐ深遠な存在の状態です。

【※】本和訳は誠実に和訳しましたが、日本語を読むことができ、戒律を守る生活をしている敬虔なユダヤ人から承認を受けた訳ではありません。その点はご了承ください。
【※】英語で言うところのG-dを他の神から区別するために「ネ’申」と訳しました。また、英語で言うRedemptionを「贖い出し」と訳しています。

テツァベ: 真のリーダーシップ

テツァベ: 真のリーダーシップ

今週のパラシャ、テツァベでは、一見奇妙なことがあります:モーセの名前が明らかにないのです。なぜ彼の名前が省略されているのでしょうか?

ネ’申がモーセに人々の罪を知らせると、モーセは彼らの審判を熱心に取り上げ、激しく人々を弁護し始めました。「聞け、私(訳注:ネ’申)がこの者たちを滅ぼすにまかせるのだ」とネ’申が提案しました。 おまえから新しい民を作ろう。おまえの子孫が新しいユダヤ人になる。

しかし、モーセは何をしたでしょうか?彼はその提案をきっぱりと拒否しました。彼はこう言いました、「ネ’申様、あなたが人々を許してくれない限り、私はこの執行の片棒をかつぐことを拒否します。あなたが彼らを許さないなら、あなたの本全体、トーラーの本から私を消してください!」 ネ’申は最終的に人々を許しましたが、モーセの言葉の影響は残りました。人々に対する彼の揺るぎない献身の結果として、トーラーのどこかで彼の名前は消去されることになったのです。

これが真のリーダーシップです! リーダーは自分の利益など全く考えません! 彼は民の利益しか考えません。世界はガザ戦争が局地的なものだと考える傾向にあります。この戦争は信仰の核心、ユダヤ人の本質、そしてネ’申の正義に反するものです。これは領土をめぐる議論ではありません。この戦争は聖なる神殿(訳注:エルサレム神殿)の場所、または敵が呼ぶところのアル・アクサ洪水に対するものです。第三聖神殿がモシアハによって再建されようとしている直前に、悪の勢力があらゆる手段を使ってそれを遅らせようとしています。これが今日起こっている国際紛争の核心です。

史上最も偉大な教師であるモーセは、テツァベを通してのメッセージの中で私たちに例を示しています。彼の名前が省略されたひとつのパラシャは、リーダーがどのようなものであるべきかの例を示しています。私たち全員が真の贖い出しの時代を喜んで迎え、それが私たちの時代に速やかに起こりますように。

【※】本和訳は誠実に和訳しましたが、日本語を読むことができ、戒律を守る生活をしている敬虔なユダヤ人から承認を受けた訳ではありません。その点はご了承ください。
【※】英語で言うところのG-dを他の神から区別するために「ネ’申」と訳しました。また、英語で言うRedemptionを「贖い出し」と訳しています。

テルマー:世界を正す

テルマー:世界を正す

Rabbi Bernstein Mosheの記事翻訳シリーズです。今回は今週のパラシャ―、パラシャット・テルマ―に関してです。このトーラー部分では、創造の目的は何なのかという古くからの疑問に対する答えが見つかります。ネ’申は善の本質であり、善の本質は善を与えることです。しかし、善はそれを受け取る人がいない場合には授けられません。この目標を達成するために、ネ’申は私たちの世界を創造しました。それは、ネ’申の善意を受け取る者が存在するようにするためです。ネ’申の望みは、私たちが「物質世界にネ’申の家を作る」ことです。シナイ砂漠での聖域とそれに続く第一聖殿と第二聖殿は、この世界におけるネ’申の居所でした。

トーラーはネ’申の創造の神聖な設計図であるため、トーラーは私たちの行動の世界を霊的に高める方法を教えてくれます。トーラーは永遠であるため、トーラーはあらゆる時代のさまざまなレベルでさまざまな人々に語りかけています。そのメッセージは、現在の立場から自分自身を引き上げることです。トーラーは、私たちが、完成され、矯正された世界という究極の目標に向かって、もう少し高いところに立つことを期待しています。

ネ’申は私たちに、ネ’申の存在が私たちの中に存在するための聖域を作るように指示しました。この指令は 3 つの形態の聖所を包含しています:荒野に建てられた物理的な幕屋;各個人が構築する必要がある個人的な内なる聖域;そして最後に、世界全体です。私たちはネ’申の戒律を守ることによって、この世界をネ’申の居所に変える使命を負っています。

これらすべての場合において、この使命は、ネ’申によって創造された存在の固有の本物の性質を単に明らかにするだけであるため、実現可能です。宇宙はその中に流れる神聖なエネルギーによってのみ存在し、それは世界を神性が明らかな空間に変えます。同様に、すべての個人の核は私たちの神聖な輝きであるため、私たちの生活をネ’申の居所に変えることは、単に私たちの内なる神聖な本質を世界の物理的次元と融合させるだけの問題です。しかし、私たちの限られた理解ではネ’申の無限の知恵を理解することはできないことを理解する必要があります。

私たちの現在の現実では、悪意と神聖さの間の宇宙的な衝突という深遠な戦いが激化しています。一方には闇と恐怖の勢力が立っており、聖なるもう一方にはノアの子らとユダヤ人が立っています。世界中で展開しているこれらの出来事は、この極めて重要な闘争に関連しています。

しかし、世界的な混乱のさなかに、私たちは世界が正され、悪が存在しなくなる未来に関する預言の約束が成就することを期待しています。私たちは、調和が行き渡り、宇宙全体がモシアハ王によって究極の矯正を受ける、真の贖い出しの夜明けを待っています。

【※】本和訳は誠実に和訳しましたが、日本語を読むことができ、戒律を守る生活をしている敬虔なユダヤ人から承認を受けた訳ではありません。その点はご了承ください。
【※】英語で言うところのG-dを他の神から区別するために「ネ’申」と訳しました。また、英語で言うRedemptionを「贖い出し」と訳しています。

ミシュパティーム – 私たちの魂を守る

ミシュパティーム – 私たちの魂を守る

Rabbi Bernstein Mosheの記事翻訳シリーズです。今回は今週のパラシャ―、パラシャット・ミシュパティームに関してです。

今週の部分では、「4種類の管理人」の法が見つかります。これらの管理人は、預金や品を安全に保管する必要があります。この4つは、無償の保管者、有給の保管者、賃貸人、借主であり、預けられた品物に対する責任の範囲も異なります。トーラーの言葉の目に見える層の背後には、内なる深い精神的な考えが隠されていることが知られています。

ここには、私たちの体に託されたネ’申の火花は預託物であるだけであり、私たちはノアの子らの七戒を守ることによってこの預託物を守らなければならないという考えが隠されています。ベン・ノア(訳注:ノアの子)の役割は、この預託物をあらゆる違反から適切に守ることです。預託されたネ’申な火花には、絶え間ない「配慮」が必要です。物理的および物質的な世界が魂を傷つけないように魂を守る必要性とは別に、管理者は魂が降臨した目的を達成しなければなりません。管理者は各個人を代表して、ノアの法、特にノアの子孫に関連する法の履行に従事しなければなりません。これらの法は、正しい生活と道徳的行為の枠組みとして機能します。

西洋社会のすべての霊的な病気は、自己が人の意識の中心にあるという事実から生じています。贖い出しの時代には、世界はより高い霊的レベルに達するでしょう。人のこの世における目的は、「私は創造者に仕えるためだけに創造された」という言葉に反映されています。来たる世でネ’申の光を楽しむよりも、この世で一時間善行と悔い改めに従事するほうがよいのです。創造主への崇拝が中心にあるべきです。人間の意識は、無限である創造主のより高い意識へと移行します。

私たちが真の贖い出しの無限の空間に近づくにつれて、メシアはすべての被造物を贖い出します。偶像崇拝、権力闘争、選ばれた人々に対する敵意など、依然として残る悪は根絶されるでしょう。創造主の存在は地上で完全に明らかにされるでしょう。

私たちが内なるネ’申の火花を守り続け、私たちの目的を達成し、モシアハ王による世界の贖い出しに貢献できますように。

【※】本和訳は誠実に和訳しましたが、日本語を読むことができ、戒律を守る生活をしている敬虔なユダヤ人から承認を受けた訳ではありません。その点はご了承ください。
【※】英語で言うところのG-dを他の神から区別するために「ネ’申」と訳しました。また、英語で言うRedemptionを「贖い出し」と訳しています。

ボー: 絶えることのない永遠の上昇

ボー: 絶えることのない永遠の上昇

Rabbi Bernstein Mosheの記事翻訳シリーズです。今回は今週のパラシャ―、パラシャット・ボーに関してです。

今週のパラシャでは、トーラーの最初のミツヴァ(訳注:戒律)について読みます。以前の戒律は個人に与えられました。例えば、アブラハムには割礼の戒律が与えられました。第一の戒律は、月の周期に従って時刻と日付を計算することです。月に従って時間を計算することには、多くの内面的な意味があります。時間は貴重であり、適切に使用しなければ、戻ってこない損失とみなされます。

しかし、月に従って時間を計算することには別の意味があります。月には満ち欠け、消滅、再生という段階があります。太陽は比較的一定しており、毎日変化しません。人はネ’申への崇拝において浮き沈みの間を揺れ動くかもしれませんが、それが彼を欺きます。彼はある種の霊的な激動の中にいます。これは、来るべき贖い出しにおける最終的かつ永遠の上昇まで浮き沈みを経験するモシアハ王の王権だけでなく、あらゆる個人にも当てはまります。

ここで、太陰暦は私たちに教訓を与えてくれます。月は消滅寸前まで沈んでいきます。しかし、衰退は誕生と同じくらい人生の一部です。衰退は消滅を意味するのではなく、再生を意味します。月のように、誰もが復活の力、つまり無限の創造主の無限の存在をあらゆる瞬間に再び生きる力、復活の力を持っています。それはノアの息子たちとユダヤ人のための最初のミツヴァの一部です。創造主の無限性を信じ、感じることです。

人の変化と成長の過程が月の満ち欠けに暗示されています。太陽の明るさは変わりません。変化し、進化し、成長し、新しくなる月には、常に生まれ変わる経験があります。これは一般の生活にも当てはまります。間もなく、私たちは皆、真の完全な贖い出しによる被造物全体の再生を経験することになります。

【※】本和訳は誠実に和訳しましたが、日本語を読むことができ、戒律を守る生活をしている敬虔なユダヤ人から承認を受けた訳ではありません。その点はご了承ください。
【※】英語で言うところのG-dを他の神から区別するために「ネ’申」と訳しました。また、英語で言うRedemptionを「贖い出し」と訳しています。