農家の活性化に励むラビ・エデリー

農家の活性化に励むラビ・エデリー

ハバッドハウスジャパンの活動の中で、地域に根付く日本の魅力を伝えることは重要な使命の1つです。コーシャ認定のため、ラビは全国を巡りながら、日本全国地域の農家の方々と交流を深めています。

日本の農産物は、優れた品質と味で知られています。長年にわたり日本は地元で栽培されているものよりも、多くの果物や野菜を輸入してきました。若い世代が都市部で働くことを好むため、地方にある農場が多く閉鎖されており、高品質な日本の農産物の技術や伝統が失われつつあります。このような問題を解決するためにラビ・エデリーは、多くの農家や工場と協力して、製品の宣伝と開発を奨励しています。

写真はラビが和歌山のみかん農園に視察した際のものです。

九州では日本最大級の稲作農家を訪れました。農家の方々はラビ・エデリーの配慮と努力を高く評価し、特別な「黄色いさくらんぼ」を贈り物として受け取りました。日本では、とてもユニークな果物や野菜を見つけることができます。さくらんぼやスイカなど、通常はピンク・赤の通常の果物でさえ、黄色でも見つけることができます。さくらんぼはラビの家族が美味しく頂きました。

ラビ・エデリーの和歌山県のみかん農園視察についてはコーシャ・ジャパン株式会社に掲載されている記事をご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です