勇気と献身の輝かしい例:ラビ・レヴィ・イッツチャク・シュネルソンの物語

勇気と献身の輝かしい例:ラビ・レヴィ・イッツチャク・シュネルソンの物語

今日(7月29日)は、レッベの父、ラビ・レヴィ・イッツチャク・シュネルソンが亡くなった日です。彼はエカテリノスラフ(現在ではウクライナ・ドニプロペトロウシク州)の首席ラビでした。あらゆるユダヤ人を助けるために為された彼の勇気と献身は類のないものでした。ソビエト連邦(ソ連)における全てのユダヤ人の支援を行いましたが、後に反共産主義的であるとして投獄され、ユダヤの教えと発展を強制的に止めさせられてしまいました。

ソ連は彼をカザフスタン・チレ(Chile)に送還し、ユダヤの共同体から分離させました。この送還によりシュネルソンは肉体的にも精神的にも非常に困難な状況におかれました。空腹と病気、多くの沼地、夏の猛暑、冬の極寒と雨という過酷な環境の中生き抜いていました。

しばらくしてラビ・レヴィ・イツハァクの妻であるハナと出会いました。彼女は葉からインクを作り、シュネルソンがカバリズムに基づいた教えを書き続けることを可能にし、その功績は現在でも目にすることが出来ます。その後、シュネルソンは送還先から解放されアルマトゥイ(カザフスタン)に移住後亡くなりました。

彼はどれ程の耐え難い状況でもユダヤ教を生かし続けた尊い自己犠牲の一例です。私たちは今日、シュネルソンの功績で存在しています。
モシアが今来ますように、そしてシュネルソンと彼の妻であるハナに出会えますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。