ハバッド東京のニワトリ

ハバッド東京のニワトリ

2020年の春にコロナウイルスが蔓延する中、ラビ・エデリーは子供たちを退屈させない方法を考えました。ずっと室内にいるのは大変です。

解決策はというと、京都でボリス・ブラウンというヒヨコを10羽購入し、ヤマト運輸で東京に送ったのです。市役所では50羽までは送っても構わないと説明されました。宅配便の配達員は、「30年間働いてきて、生きた鶏を届けたのは初めてだ」と言いました。約4カ月後、彼らは卵を産み始めました。ニワトリとその卵は、エデリー家の子供たちには大好評で、近所の人たちには大歓迎されました。気に入ってもらえたようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。