ユダヤ式教育システム!:自立した子供を育てる方法

ユダヤ式教育システム!:自立した子供を育てる方法

ユダヤ式教育システムの秘訣?

ユダヤ人教育の成功の秘訣は何でしょうか?この質問は私たちユダヤ人に対して頻繁に尋ねられる質問の1つです。ユダヤ式の教育システムにはいくつかの方法があります。幼少期の教育では、繰り返し見直すことと・復習・そして心からの学びが不可欠です。ユダヤの子供たちは幼少期から年齢に応じてトーラー(律法)の様々な箇所を教えられます。

ペアでの学習「ヘヴルタ」

年齢を重ねると、ユダヤ式教育システムの代表ともいえる「ヘヴルタ」と呼ばれるペアでの学習が行われます。ヘヴルタの根幹はトーラーに書かれていることを「暗記」ではなく、心から「理解」することにあります。学生のペアにラビ(ユダヤ教での先生)はついています。しかし基本的には生徒がトーラーの文言について内容をお互いに確認し合い、認識の違いがあれば正しい理解に努めています。このペア学習を通して、ユダヤの子供たちは正しく、確実に心から理解する必要性を学びます。

中学生からの教育

中学校に進級後もやはりヘヴルタは学習の中心に置かれます。ヘヴルタの時間は増え、週に数時間だけ講義形式の授業があり、復習に多くの時間が割かれます。一貫したこのユダヤ式教育の目的は、学生が自身の意欲で勉強を行い、深く学ぶことにあります。先生は教室で待機し、質問や説明が必要な問題がある場合にはいつでも答えられるように準備をしています。このシステムを通し、学生は自己規律の大切さと学ぶことに対する責任感を学ぶのです。

ツェダカーから学ぶ奉仕の精神

またユダヤの教育ではツェダカーの精神が不可欠な要素として教えられます。「ツェダカー」とはトーラーにも説明されている奉仕の精神を指します。見返りを求めず、相手を思い奉仕することです。可欠な部分として強調されています。

学生は日々の暮らしで支えられている人々に対する感謝のしるしとして、毎朝硬貨を学校のチャリティーボックスに入れることが勧められています。また毎週ボランティアの時間が設けられており、学生は地域の人々に対し奉仕を行うことが奨励されています。これには、学生らが自身の生活で与えられている環境や持ち物に対し満足をせず、一つ一つの物事に感謝をささげなければならないという思いが込められています。

祈りの時間

さらに毎日お祈りの時間が必ず設けられています。学生たちは祈祷の様々な部分を共に歌い、神に感謝をします。この祈りをとおして神との精神的なつながりを意識することになります。

最初が肝心

トーラーの教えに従い勉強が始まる最初が肝心だと教えられています。タルムードが書かれた当時からの伝統で「ヘデル」と呼ばれています。父親が子供と共に登校したあと、先生が子供をひざに座らせ、ヘブライ語の最初の文字である「アレフ」を音読させます。

この「アレフ」の文字はケーキなどの上に記されており、はちみつをたらし、子供が音読しながらケーキを食べます。これはユダヤの伝統に基づくものであり、「トーラーの言葉は甘く、楽しい」ということを覚えるようにという伝統です。

子供が自分自身をみつめること

ユダヤの教育システムは「トーラー」を中心に作られており、一見すると日本の教育システムとはかけ離れているように思うかもしれません。しかし教育の根幹はどの国においても、どのような信仰においても変わらないはずです。ユダヤの教育システムにおいて学習は一方的に生徒に対して押し付けられることなく、自発的に学び、学び自体を楽しむようにされています。競争率の激しい日本の受験や膨大な量の学習を半ば強いられている日本の教育システムが、ユダヤの教育に学ぶものは少なからずあるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。