ニシム誕生

ニシム誕生

2011年3月11日に津波が起きた時、日本の人々は恐れおののきました。福島の原子発電所からの放射線汚染の脅威があり、人々は外出したがりませんでした。パニック買いが発生し、店の棚からは生活必需品が姿を消しました。

各国大使館は、自国民に対して帰国を促すメールを送ったため、成田空港には人がつめかけ、ロビーで寝泊まりして次の便を待つ人たちの姿も見られました。空気には、パニックと恐怖が満ち溢れていました。

ですが、ここに一人の恐れを知らない男性がいました。そして彼の頭の中には、「これほど大変な被害を受けた人々を、どうやって助けたらいいのだろう」ということしかなかったのです。

3月12日の土曜日の夜、ラビ・エドリーはハバッド・ジャパンの数人のボランティアを伴って、東北の人々のための救援物資で満載になったトラックで出発しました。放射線が怖くないのか、自分の命が大切ではないのか、奥さんや子供もいるのに、と訊いた人もいましたが、「自分の子供や兄弟姉妹が危険な目に合っていて、助けが必要なら、すぐに助けに行きませんか?」というのが彼の答えでした。「私が行っているのはそういうことです。ためらいは少しもありません」。

当時、ラビ・エドリーとエフラット夫妻には、もう一人子供が生まれるところでした。人々はラビに、妊婦や子供には危険があると伝えましたが、ラビは、実際は恐れられているほどではないはずだ、時間が経てば分かるだろうとはっきりと答えました。命を失おうとしている人々がいる時、最も大切なのは命を救うことであり、神様が助けてくれるだろうとも言いました。

津波から5か月後の2011年8月28日に、ラビ・エドリー夫妻の間にたまのような、元気な男の赤ちゃんが生まれました。この子はニシム・アリエルと名付けられましたが、ニシムとは、奇跡を意味します。またに、津波の間中の神に対する感謝や、今後の祈りに対して神様が応えられた証なのです。日本にも、奇跡や素晴らしい出来事が起きるはずです。アリエルは困難を克服することの象徴である神のライオンを意味します。

誕生するとすぐに、ラビには、津波以降も変わらぬ無私無欲の支援に感謝した東北の人たちが一人一人、お祝いや祈りの言葉を寄せ書きにしてくれ、額に仕立ててプレゼントしてくれました。これは、素晴らしい出産祝となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です