ビバリーヒルズでの寄付集め

ビバリーヒルズでの寄付集め

救援作業には、多額の費用がかかりました。ラビ・エドリーは、1億円もの費用をどうやって捻出したのでしょうか。それは、とても独創的な方法でした。まず、できるだけたくさん、関わってくれる人を集めました。ボランティアの人たちはそれぞれ、自分のネットワークにコンタクトして、必要な資金を集めました。人々は驚くほど多額の寄付をしてくれましたが、中でも、世界中のユダヤ人コミュニティから寄せられた金額はかなり大きなものでした。アメリカやイギリス、イスラエルから、次々と寄付が寄せられました。 

ラビ・エドリーは、お金を集めるための素晴らしいアイデアを思い付きました。ビバリーヒルズに住むラビの友人のユダヤ人が、資金集めのディナーを開くことを提案してくれたのです。ラビは日本酒の獺祭を提供し、獺祭の社長もこのディナーに参加して、日本酒を宣伝し、寄付を募りました。ラビ・エドリーは、カリフォルニアにある日本製品輸出入会社、日本製品を数多く輸入していたミューチュアル・トレーディングの社長も招待しました。_社長も参加し、ラビ・エドリーが日本の人々を助けようと多大な努力をしていることや、その救援活動に非常に感動したと言って、かなり多額の寄付をしてくれました。大勢の人が活動に感銘を受け、東北の人たちのために募金をしてくれました。

なぜラビが救援しているのか、それは日本政府の仕事ではないのか、と訊かれると、ラビ・エドリーは、人々が助けを必要としていたら、他人が動くのを待つのではなく、すぐに、助けるためにできるだけのことをしなくてはならないのだと答えました。

必要な資金が集まったので、ラビ・エドリーとスタッフは東北の多くの人々やコミュニティのために、必要とされている支援や救援の多くを達成することができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です