Browsed by
月: 2021年7月

勇気と献身の輝かしい例:ラビ・レヴィ・イッツチャク・シュネルソンの物語

勇気と献身の輝かしい例:ラビ・レヴィ・イッツチャク・シュネルソンの物語

今日(7月29日)は、レッベの父、ラビ・レヴィ・イッツチャク・シュネルソンが亡くなった日です。彼はエカテリノスラフ(現在ではウクライナ・ドニプロペトロウシク州)の首席ラビでした。あらゆるユダヤ人を助けるために為された彼の勇気と献身は類のないものでした。ソビエト連邦(ソ連)における全てのユダヤ人の支援を行いましたが、後に反共産主義的であるとして投獄され、ユダヤの教えと発展を強制的に止めさせられてしまいました。

ソ連は彼をカザフスタン・チレ(Chile)に送還し、ユダヤの共同体から分離させました。この送還によりシュネルソンは肉体的にも精神的にも非常に困難な状況におかれました。空腹と病気、多くの沼地、夏の猛暑、冬の極寒と雨という過酷な環境の中生き抜いていました。

しばらくしてラビ・レヴィ・イツハァクの妻であるハナと出会いました。彼女は葉からインクを作り、シュネルソンがカバリズムに基づいた教えを書き続けることを可能にし、その功績は現在でも目にすることが出来ます。その後、シュネルソンは送還先から解放されアルマトゥイ(カザフスタン)に移住後亡くなりました。

彼はどれ程の耐え難い状況でもユダヤ教を生かし続けた尊い自己犠牲の一例です。私たちは今日、シュネルソンの功績で存在しています。
モシアが今来ますように、そしてシュネルソンと彼の妻であるハナに出会えますように。

新しいパンフレットの完成!

新しいパンフレットの完成!

ハバッドハウス・オブ・ジャパンの新しいパンフレットが、より分かりやすくなり完成しました!

新しいハバッドハウス・オブ・ジャパンのパンフレットにはイスラエル政府/日本政府公認首席ラビである、ラビ・ビンヨミン・Y・エデリーのメッセージやハバッドハウスの活動の根本を支える思想である「ノアの7つの法」、これまで開催された様々なイベントに関する情報が記載されています。メンバーシップ・プログラムについての情報も記載されているので、是非ご覧下さい。

ラビ・ビンヨミン・Y・エデリーを始め、ハバッドハウス・オブ・ジャパンスタッフ一同は皆様とともに、よりよい日本の発展に貢献していきたいと思います。

東京・京都(ハバッドハウス高山での活動は現在御座いません。)の各ハバッドハウスに設置するとともに、配布・設置してくださる個人の方や団体も募集いたします。ご協力くださる方は、以下のメールアドレスに[件名:ハバッドハウスパンフレット]と記載の上、必要部数と送り先の住所をご記入下さい。

[email protected]

ハバッド・ジャパンにて開催!ハラ・ベイカーズクラブ!

ハバッド・ジャパンにて開催!ハラ・ベイカーズクラブ!

この度の「ハラ・ベイカーズ・クラブ」のイベントはCOVID-19感染防止対策のためハバッド・ジャパンのスタッフの監視のもと行われています。参加者は事前にフォームを通じて連絡先を記入しています。

今週の日曜日にはバッドジャパンでは「ハラ・ベイカーズ・クラブ」を開催し、素晴らしい時間を過ごしました。「ハラ・ベイカーズクラブ」はファミリープログラムの一環として、子供たちとともにハラを作り、ガーデニングなどユダヤ教の祝祭を楽しむイベントです。3歳から7歳の子供達は、両親と共にパン屋の帽子を被り、シェフとして様々な形のハラを作りました(「ハラ」とはユダヤ教徒の安息日や祝日に食べる伝統的なパンを指します。フムスなどをつけて食べることもありますが、甘い味付けがされています。)。それぞれの願いと祝福をささげ、様々なハラを作りました。またトランポリンは大人気のアトラクションでした。

ラビ・エデリーの美しい庭園からみずみずしいトマトを収穫し、生後2週間のひよこが飼育小屋の中で飛び回るのを目を輝かせながら見ていました。私たちは小屋につけられた照明が暖房のためにつけられていることを説明しました。キッチンでは子供たちが続けて、ファラフェルやピクルス、キュウリとトマトのサラダなどを作りました。

参加した両親と子供達はファラフェルとスイカを美味しく食べたので、次の集まりが待ちきれません!

熱海市土石流の被害に遭われた方々へのメッセージと祈り

熱海市土石流の被害に遭われた方々へのメッセージと祈り

静岡県熱海市の土石流は破壊をもたらしました。まず命を落とされた方々に、心から哀悼の意を表します。被災され、肉体的に傷ついた方々、精神的に傷ついた方々、家や資産を失った方々、全ての方に祈りを捧げます。

日本政府とその関係者は被災された方の支援に最善を尽くしていると確信しています。今こそ、全ての人が周りを見回して、助けを求めている人に手を差し伸べる時です。

今回の土石流の被害に遭われた方の健康と精神状態に対し、社会的責任を感じることは、私たちの義務です。日本にこのような被害が二度ともたらされないよう、祈っています。

安息と平和を得られるようにお祈りしています。

農家の活性化に励むラビ・エデリー

農家の活性化に励むラビ・エデリー

ハバッドハウスジャパンの活動の中で、地域に根付く日本の魅力を伝えることは重要な使命の1つです。コーシャ認定のため、ラビは全国を巡りながら、日本全国地域の農家の方々と交流を深めています。

日本の農産物は、優れた品質と味で知られています。長年にわたり日本は地元で栽培されているものよりも、多くの果物や野菜を輸入してきました。若い世代が都市部で働くことを好むため、地方にある農場が多く閉鎖されており、高品質な日本の農産物の技術や伝統が失われつつあります。このような問題を解決するためにラビ・エデリーは、多くの農家や工場と協力して、製品の宣伝と開発を奨励しています。

写真はラビが和歌山のみかん農園に視察した際のものです。

九州では日本最大級の稲作農家を訪れました。農家の方々はラビ・エデリーの配慮と努力を高く評価し、特別な「黄色いさくらんぼ」を贈り物として受け取りました。日本では、とてもユニークな果物や野菜を見つけることができます。さくらんぼやスイカなど、通常はピンク・赤の通常の果物でさえ、黄色でも見つけることができます。さくらんぼはラビの家族が美味しく頂きました。

ラビ・エデリーの和歌山県のみかん農園視察についてはコーシャ・ジャパン株式会社に掲載されている記事をご覧下さい。